Interspireのメールマーケティング担当者のためのSMTPメールサーバー

Interspireのメールマーケティング担当セットアップ

EasyESPスクリプトを作成するあなたのSMTPメールサーバとメールアドレスを使ってメールを送信するInterspireメールマーケティング担当者を設定することができます.
このチュートリアルに従うには、, あなたはEasyESPが以前にインストールしておく必要があります:


新しく作成したSMTPサーバが電子メールを送信するためにInterspireメールマーケティングで必要なすべての要件を持っています.

– PHP5.6とのMySQL5
– “fsocketopen” 機能が有効になって
– ポートへの送信トラフィック 25, 587, 465 (SMTPサーバーに接続します) 許可されています
– EasyESPスクリプトが使用いただくために、有効なSMTPサーバーを作成します, RAMの1vCPUと1ギガバイトは、Linuxを実行しています – Ubuntuの 18.04 x64のLTSバイオニックビーバー

次に例を示します。
あなたはInterspireメールマーケティングのどこかをインストールしていない場合, あなたの新しいSMTPサーバーにここでそれをインストールすることができます.

このチュートリアルに従うことによって新しいサブドメインを追加します。:


SMTPメールサーバー上のファイルやフォルダのアクセス権の調整

後に アップロード FileZillaをを使用して新しいフォルダ内のファイル,

コピー 次のスクリプトと ペースト その中に 一度だけ使用する「エリア’ 未満.
変化する  interspire 新しいサブドメイン名を持ちます ( EX: 選ぶ ).

それから 選択する, コピー, ‘右クリック‘ PuTTYのウィンドウとヒットに  ⤶入力してください.

chmod 666 /var/www/interspire/admin/includes/config.php
chmod 777 /var/www/interspire/admin/temp
chmod 777 /var/www/interspire/admin/com/storage
service apache2 restart
  一度だけ使用する領域:                                                                                             * あなたがこのページを更新する場合は、このエリアにテキストが削除されます !

ダウンロードcheck_iem.phpスクリプト

アップロード「check_iem.php’ interspire」内のSMTPサーバーへのスクリプト’ ディレクトリ, そして、ブラウザ経由でそれを読み込みます
 HTTPS://interspire.withyourdomain.com/check_iem.php


すべては言います “OK”


直接のテスト電子メールを送信するためにInterspireメールマーケティングをインストールします。 受信トレイ フォルダ.



Send a test email in Inbox with Interspire Email Marketer

さんは「受信トレイ」で受け取った新しい電子メールの内容を見てみましょう.

Details of email received in Inbox using SMTP mail server

あなたがすぐに参照することから」あります: 名前', SMTPサーバーの電子メールアドレスとドメイン名.
これらの詳細は、Interspireメールマーケティング担当者の設定から来ます. OK, 今、私たちは、これらの結果を得るために、電子メールのマーケティング担当者Interspireインストールと設定.

Interspireメールマーケティングのインストール

ブラウザへ  HTTPS://interspire.withyourdomain.com/

管理者アカウントの詳細」は、’ 「*メールアドレスで’ ときにあなたの電子メールは、以前に作成します インストールEasyESP
( EX: alter@withyourdomain.com )

Installing Interspire Email Marketer in SMTP mail server

「MySQLデータベースの詳細]’ もしあなたすでにMySQLデータベースを作成しました サブドメインを追加しました.

データベース名:   EX:  選ぶ
データベースユーザー:   選ぶ
データベースのパスワード:   your_db_password

Interspireメールマーケティング担当者のユーザーのための詳細を完了します

インストール後, あなたのInterspireメールマーケティング担当者のホームページにログイン.

ユーザーアカウントを編集します ( 右上のメニュー: ユーザー & グループ > 閲覧ユーザーがアカウント - > 管理者 > 編集します )

Edit a User Account in Interspire Email Marketer

フルネーム」は、:’ あなたが名前から」として表示したい名前を入力します。’ あなたが送信するすべての電子メールで.
「*メールアドレスで:’ それは、すでにあなたのSMTPサーバーで作成した電子メールアドレスでなければなりません.
その「*ユーザータイムゾーンを確認します:’ 正しい.
そして、「保存」.

SMTPサーバーの詳細を設定します

お使いのSMTPサーバーの詳細を入力します。 ( 右上のメニュー: 設定 > メール設定 - > メールサーバの詳細 )

Your own SMTP server details in Interspire Email Marketer

独自のSMTPサーバーの詳細を指定します。:

* SMTPホスト名:   SSL://alter.withyourdomain.com
SMTPユーザー名:   alter@withyourdomain.com
SMTPパスワード:   ステップで作成したパスワード 4 ときに インストールEasyESP ( EX: 4y77d3f453re3502613e )
SMTPポート:   465

SMTP設定をテストするには, 一歩がまだ不足しています:

SMTPメールサーバー上のcronジョブの設定

サーバー上のcronを設定します ( 右上のメニュー: 設定 > cronの設定 )

Set up cron on your SMTP server and in Interspire Email Marketer

cronのサポートを有効にします, の文字列をコピーします Cron Command to Run: して、テキストファイルに貼り付け.
そして、「保存」.

コピー そして ペースト で次のスクリプト 一度だけ使用する「エリア’ 未満.
変化する  interspire あなたと.

*/1 * * * * /usr/bin/php -f /var/www/interspire/admin/cron/cron.php > /dev/null 2>&1
crontabファイルを開きます。 ランニング この:

sudo crontab -e
下矢印」を使用して開いたファイルの一番下に移動します’  ▼.
コピー 以前に編集したライン 一度だけ使用する「エリア’ 未満, それから ‘右クリック‘ 「PuTTYの中’ それを貼り付け.
保存して終了: 押す  Ctrlキー +  バツ 保存する, 押し  と 確認とヒットへ  ⤶入力してください 出る.

  一度だけ使用する領域:                                                                                             * あなたがこのページを更新する場合は、このエリアにテキストが削除されます !

後にInterspireメールマーケティングのページを再読み込み 1-2 分とを参照してください:  「クロンランタイム:   cronは、すべてを実行します 1 分’

電子メールを送信テストSMTP設定

今すぐあなたのSMTP設定をテストすることができます.

Test SMTP server settings in Interspire Email Marketer

InterspireでSMTPバウンスの詳細を設定します

セットアップバウンス処理 ( 右上のメニュー: 設定 > バウンス設定)

Set up bounce processing in Interspire Email Marketer

バウンス詳細デフォルト:   はい[有効, 設定されたデフォルトバウンスの詳細’

次に、設定:
バウンスアドレスをデフォルト:   bounce@withyourdomain.com
デフォルトのバウンスサーバー:   alter.withyourdomain.com:995
デフォルトのユーザー名バウンス:   bounce@withyourdomain.com
バウンスパスワードをデフォルト:   ステップで作成したパスワード 4 ときに 第2のユーザの電子メールアカウントを追加

口座の種類:   POP3アカウント(推奨)

高度な設定: クリック >   自動検出は、詳細設定を (推奨)

クリック >   証明書を検証しないでください
クリック >   その他 - およびペースト:  /SSL


そして、「保存’

テストバウンスInterspireのメールマーケティングの設定およびSMTPメールサーバーへの接続.

Test connection to Mail Server in Interspire Email Marketer

カート
あなたのカートは現在空です.